イマドキ着物ガールズ

ファッションに着物を取り入れてみましょう

和服は日本の象徴

和服は日本の象徴であるという考え方自体、少し前までは「時代の遺物」のように思われていました。ですが近頃、外国へ向けて日本の様々な伝統文化が多様なメディアで発信されるようになり、中でもインターネットという発信スタイルにおいての普及効果は絶大で、アニメ・カラオケなどとともに着物も「日本の伝統はCOOL」だというイメージ効果で人気が高くなり、日本のみやげ物ショップやアンティーク和装店でも着物を購入する外国人多数、という不思議な現象を作り出しています。それとともに逆輸入的に「和服」のCOOLさを見直そう、というブームが起こりつつあります。

また日本に在住する外国人が世界に向けて日本文化を紹介するサイトなどでは、例えば日本の成人式を見た外国人から「あれは何年日本に滞在すれば参加できる催しなのか」という問い合わせもあるなど、文化そのものへの波及効果もあるようです。外国人が和服を「COOL」だと感じるポイントは何といってもその色と模様の美しさです。世界の中でも群を抜いて四季の移り変わりがはっきりとしている日本では、その移ろいゆく様子を着物の柄に時には大胆に、時には奥ゆかしく、自然をモチーフにして絵画的に取り入れます。あるいは江戸小紋など取り入れ方にも粋や洒落を上手く使ってあしらうものや、材質に季節を取り入れ過ごしやすくする工夫など、長い年月を経て培った民族衣装ならではの様式美を兼ね備えた美しさが「COOL」であるとみなされるのです。

やはり長い伝統を持つ国であるイギリス人などは、自国の伝統と比較して深い理解と共感を示す人が多いようです。であるからこそ「何故日本人は普段は着物を着ないのか」という疑問は当然のように出てきます。単純な理由を探せば「着ずらいから」という意見が圧倒的でしょう。確かに、例えば成人式の晴れ着や羽織袴など伝統行事用のものはそれなりに堅苦しいし慣れなければ着ずらいものです。しかしもともと着物は「普段着」でした。

普段着だからこそ季節ごとに過ごしやすい工夫が随所になされ、またオリジナリティーやファッション性を高めるためのスタイルというものが男女共に確立されていったのです。一時期の西洋文化に駆逐された感があった着物も、少しずつではありますが若者の間に形を変えて浸透しつつあります。もちろん時代に沿った変化や進化は当然あるもので、2ピースで着る浴衣やミニスタイルの浴衣など時代の変遷を取り入れながら変化しますし、またアンティーク着物など時代性そのものが「お洒落だ」という評価を得るものもあり、いずれも和装店などのたゆまぬ努力に裏打ちされている、とも云えるでしょう。

Copyright(C)2013 HOW TOブランド買取 All Rights Reserved.