イマドキ着物ガールズ

ファッションに着物を取り入れてみましょう

着物買取とお宮参りの歴史について

着物買取を利用しようとしている場合、着物についての知識を持っていると、とても役にたちます。着物買取でも利用されるお宮参りの歴史も、その中のひとつです。 お宮参りとは、生まれてきた子供が元気に育ってくれるように祈る行事のことです。男の子の場合は生まれてから31日めに、女の子の場合は生まれてから33日めに、その土地の守り神である産土神に参詣して、健康と幸せを祈るための儀式を行います。しかし、現在では、生後1ヶ月程度で参詣することが一般的となっていますし、地元の神社だけでなく有名な神社に参詣することもあります。

歴史としては、出産した後に神様に対して挨拶する儀式というものは昔からありました。これは産土詣と言われていたのです。しかし、今のようにお宮参りとして形がつくられたのは、室町時代頃からです。江戸時代に入ると、参詣した後に大老宅へ挨拶によるという風習がおこりました。この武家の社会での風習が一般の庶民にも広がっていったのです。そのため、家庭の祝い事として親類や知人の家に参詣の報告と挨拶に出向くという習慣が普及しました。

生後間もない赤ちゃんはとても弱いです。そのため、昔は、悪霊の目につかないように生後間もない赤ちゃんを古布で包んで、守りました。生まれて間もない赤ちゃんには古い着物を着せる風習があったのです。これはお宮まいりまで続けられることになっていました。そのため、生後1ヶ月程度がたてば、悪いものに目をつけられることも減る、病などにかかることも少なくなるとされ、この時期に参詣をするようになったのです。

また、昔は、お産は汚れとして考えられていたので、別名では忌明けの祝いとも呼ばれ、産婦の忌明けと子供の氏子入の儀式を兼ねていたのです。その他、この参詣を境にして生まれた子供は婚家のものとなるとされていました。 尚、お宮参りで使われる正式な産着は、男の子が黒地の紋付き、女の子は友禅の晴れ着です。祝い着は妻の実家が購入するという風習が昔はありましたが、最近ではこだわらない事が多いです。

このように、お宮参りには色々な歴史があります。お宮まいりで使った着物が押入れの中にあることもあるでしょう。何度も着るものではありませんので、このような場合は着物買取を利用するようにしましょう。購入する場合も、着物買取を利用すれば新品よりも安めの値段で購入することが出来ます。売る場合も買う場合も、着物買取をうまく利用するようにしましょう。

Copyright(C)2013 HOW TOブランド買取 All Rights Reserved.